「共産主義者たちの空約束に騙されるな」

画像の説明

香港デモで、液体をかけられた男性が火ダルマになっている恐ろしい地獄
絵図をユーチューブでみました

香港の弾圧に牙をむく中国の姿勢は一段と露骨になっています。習近平は、香港デモを「暴力犯罪行為」であると切り捨てていますが、しかし中国は国際公約であった「一国二制度」を無視して香港に強権支配を押し付けているのは中国政府ではありませんか。

香港の若者は自由を守るためには、中国共産党を終わらせなければならな
いと本気で心底思っています中国共産党が崩壊すれば中国の周りの地域
のチベット人、ウイグル人、台湾人、香港人のように、圧政に苦しむ人々は自由と民主制度を取り戻せます。

幸いにも香港区議選で8割超を民主派が獲得し圧勝。死をかけた抗議デモ
は無駄でなかった。しかし区議会は法律や予算を決める権限は持っておら
ず、単に政府に提言する諮問機関にすぎない。だが香港市民の多くは若者
の必死のデモに賛同した。

若者の市民に対する問いかけは「我々がなにか政府の気に入らない発言を
したら、不公正な裁判にかけら、拷問されるような社会に住みたいですか?

中国政府は、キャッシュレス決済のデータから得られる国民の生活や行動
などの個人情報を詳細に掴み、全国に2億台あると言われる防犯カメラと
顔認証システムとの組み合わせで、国民を監視しています。

ウイグル自治区でもこのシステムを使って、人々がどこへ行って、誰と
会っているかを監視しています。そして理由や期限を伝えずにいきなり人々を拘束し収容所送りにします。このシステムを香港に持ち込もうとしてます。香港の若者が危機を感じて、命を捨ててまでこの強大な悪魔と闘う気持は痛いほど分かります。

このデモが中国の武力によって鎮圧された場合、次のターゲットは台湾です。幸いにも台湾では香港問題で若い人が危機を持った結果、民進党の蔡英文の支持率があがっています。

そして最後は日本に矛先が向きます。いま香港を守ることは将来の日本を守ることです。ただ問題は日本の国内のマスコミや政界に自国を裏切る勢力が存在することです。すでに中国の工作員が入り込んで多くの政治家や評論家、メディアを親中派にして撹乱しています。日本人は共産党や社会主義者たちの怖さを知りません。

昔、ユン・チアン著の「誰も知らなかった毛沢東」を読みました。そこに
は「中国人民を数十年にわたって絶対的に支配し、20世紀の指導者の誰よりも多い7000万有余という数の国民を平時において死に追いやった人物」と記述されています。

共産主義者や社会主義者たちは、自分たちの力を得るために多くの嘘の
約束をします。なぜ多くの国の人々はこの嘘を信じるのでしょうか?

香港の若者の祖父母たちは中国の嘘を信じてしまった。だから若者たちは
上の世代の過ちのせいで、共産主義と戦っています。

習近平主席は中国の帝国化を推進し、アジア全域を支配下に置くことを目指しています。だからその実現を粗むべく、日本は香港を支援することが自らを守ることだという認識を持つべきです。

幸いにもアメリカの大統領はトランプで、日本の首相は安倍総理です。アメリカは中国排除に動き始めた。それが米中貿易戦争です。日本はアメリカと緊密に連携して中国の野心を止めることが、世界の人々を助けることになります。

中国には14億人の人口がいます。その中の3千万人の共産党員が他の民
衆を搾取、自らは海外に資産を移していつでも亡命出来るようにしながら、贅沢三昧をしています。このような無茶苦茶な国が世界制覇を目指しているのです。中国のような最低最悪の国に支配されたいですか?

日本が悪魔の国中国に飲み込まれ無いようにするには、強い外交や強い
防衛力、そしてそれらを支える強い経済力が必要です。安倍首相はしっかりとした国家観、歴史観を持ち、その上で極めた戦略的で立体的な思考が
出来る方です。

安倍首相を戴く今の日本は、外交上、非常に高く評価される時代に入っています。しかし安倍首相は日本が憲法9条という欠点を持っている以上、メリカの力を利用する以外、日本外交は出来ないことを知っています。

だからトランプ大統領が当選したときに安倍首相はすぐに会いに行きました。それが今の二人の信頼関係につながっています。その時安倍首相はトランプ大統領に会うための段取りを元法務大臣である河合克行氏に命じました。
彼は外交特別補佐としてワシントンを何回も訪れて安倍首相に適確な情報
をもたらしました。英会話の出来る非常に優秀な方で安倍首相の隠れ側近
の一人です。

しかし河合氏は妻の河合杏里参院議員の陣営が参院選で車上運動員に通常
払ってよいと言われている以上に報酬を払った疑惑で突然法務大臣を辞任しました。文春と野党の陰険なリークです。日本弱体化を狙う左翼の政治家は自民党に優秀な人材を見つけるとスキャンダルを探して失脚させます。

今新聞やワイドショーで騒いでいる「桜を見る会」の報道、なぜこんなことで大騒ぎしているのか、そもそも首相主催の会だから、自分と縁のある人を招待するのは当たり前のことです。民主党政権の時は彼らを支持する人たちを招待していたではありませんか。ここでも安倍首相の足を引っ張る左翼の野党とメディアの大騒ぎにごまかされてはいけません。

日本がしなければならないことは、改憲、非核三原則の撤廃、自衛隊の国
軍化、スパイ防止法、NATO4カ国がアメリカと締結しているニュークリア・シェアリング協定を結ぶことです。トランプならOKしてくれます。
それだけでなく安倍首相にお願いしたいことは、中国や韓国からの労働
移民を阻止してください。

今、保守の間で、香港やウィグルを弾圧している側の最高責任者を平気な笑顔で国賓待遇する首相に批判の声が高まっています。もちろん私も懸念を持っている一人ですが、だけど「反中」を叫ぶだけで中国と対抗しても意味がありません。中国はあと3~5年の間に衰退か崩壊します。それならまだ力の残っているうち、彼らと形だけ友好を保つことは日本国益のために必要です。

この件に関して首相はトランプに日本の立場を説明しています。

首相にご努力をお願いしたいことはまだまだありますが、中国にもアメリカにもそして日本の売国奴にも我慢と忍耐をして成果を挙げて下さる事を祈るばかりです。

コメント


認証コード7212

コメントは管理者の承認後に表示されます。