[日韓関係、いよいよ駄目]

画像の説明

安倍総理、韓国に謝罪要請、天皇陛下への侮辱に対し。日韓関係、いよいよ駄目

随分と慌ただしい。

韓国の議長が、天皇陛下に対して謝罪を求めた。極めて侮辱的な発言だ。

安倍総理は、国会において「発言を読んで、私は本当に驚いた。外交ルートを通じ、議長の発言は甚だしく不適切、極めて遺憾である旨、強く抗議し、謝罪と撤回を求めました」と述べています。
また、先んじて官房長官からも謝罪と撤回を求め、強く抗議したと記者意見で明らかにされている。

官房長官の発言とは、政府の意思を示すもの。
また、総理が国会で発言するということは、即ち国家の意思として永久に刻まれる。
地方議会も同様だが、議事録は永久保存であり編集は基本的にできない。

本Blogでは初めて取り上げるため、発端も軽く触れて置く。
ブルームバーグ(米国メディア)のインタビューにおいて、韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が、慰安婦問題に関し、「安倍首相か天皇陛下が謝罪するのが望ましい」、「戦争犯罪の主犯の息子がおばあさんの手を握り、心より申し訳ないと言えば問題は解消されるだろう」などと述べた。

流石にヤバイと思ったのだろう。
のち、そんなことは言ってない旨、韓国側は事態の収拾に乗り出したと感じているが、これに対してブルームバーグは【音源を公開】している。実際に、言っていたことが明らかになった。明らかになったのが何かと言えば、私は「韓国の議長は、嘘つき」であることが明らかになったのだと思う。

日韓請求権協定に基づく協議要請が反故にされ、今後、仲裁委員会に移っていこう。
朝日新聞が焚き付けた、従軍慰安婦の虚構も崩れ去った。
我が国のEEZ内において、我が国を守る自衛隊に対しレーダー照射という恫喝までやっている。

「政府よ!早く制裁しろ!」という声も強い。

私も、同じ考えをもつ一人だ。

その上で”まぁ、今はこんなもんでいい”と静かに物事を見ている私もいる。

【これぐらい】のさじ加減で、じわじわと進めると、日韓関係には致命傷となるからだ。

理由は、国民の怒り。
日本国民の怒りを、広く醸成していくためには、こんな感じでいいと思う。
私たちネット保守論壇のやることは、本件と取り上げつつ、かつ抗議の声を発信し続けること。

なぜ「こんなもんでいい」のか、理由を記す。

コメント


認証コード2643

コメントは管理者の承認後に表示されます。