「中共は明確に敵なんですよ、経団連さん。」

画像の説明

中共は明確に敵なんですよ、経団連さん。

【中共の侵略の手法の一つ】

として中共の一帯一路、
借金漬けにして返済できないようにして
借金のカタに土地や港湾などを手に入れて植民地化していく手口を紹介しました。

朝日新聞の記事から。

【中国が会議場つくってくれたが…島国「電気代払えない」】
中国に造ってもらったけれど、お金がない――。南太平洋の島国バヌアツのサルワイ首相が、中国の無償支援でできた大型会議場について、維持する予算がなくて困っていると認めた。電気代すら払えないという。地元紙デイリーポスト(電子版)が11日、伝えた。

首都ポートビラにある会議場は、中国が約1500万ドル(約16億5千万円)かけて建設し、2016年に完成した。1千人を収容するメインホールのほか、200人収容の会議室、100人収容の記者会見室、厨房(ちゅうぼう)などを備える。首相府が管理している。

だが、サルワイ首相は地元紙に対し、維持する予算がなく、電力・水道会社への未払いが数百万バツ(数百万円)に上っていると認めた。企業や官庁がイベントを催す際、この会議場ではなくホテルを使いがちだとも説明。今年7月にポートビラで国際電気通信連合(ITU)が開く国際シンポジウムも「残念ながら、会議場はこの重要なイベントにならない」と語った。

人口27万人の同国では、近年、港の埠頭(ふとう)やスポーツ複合施設、首相府庁舎など、中国の支援で次々と大きな施設ができた。太平洋の島国に対する中国の「インフラ攻勢」については昨年、地理的に近いオーストラリアの担当相が「白い象(無用の長物)」と表現して警戒感を示していた。(シドニー=小暮哲夫)
(2019/2/11 朝日新聞)

こうやって太平洋の小さな島国に
不必要な金の無駄にかかる施設などを建設。
財政悪化したところを植民地化していくわけです。
相手にとって何が必要なのかなんて
中国共産党は全く考えませんからね。

以下の時事通信の記事をお読みください。

【中国融資縮小で一致=米の世銀総裁候補と会談-麻生財務相】
麻生太郎財務相は10日、マルパス米財務次官と日本の財務省内で会談し、世界銀行の中国向け融資を段階的に縮小すべきだとの認識で一致した。麻生氏が会談後、記者団に明らかにした。米トランプ政権は、マルパス氏を世銀の次期総裁候補として推している。

日本は、中国が開発途上国に対し、返済不能となるまで多額の融資を行う姿勢を問題視。マルパス氏は世銀の中国向け融資削減を表明している。麻生氏は中国向けを減らし、「真に必要な開発途上国へ着実に融資してほしい」と述べた。
(2019/02/10 時事通信)

トランプ大統領と安倍総理の密接なラインによって
昨年からトランプ大統領は
中国共産党の「逆らえないように借金漬けにしていく」
という一帯一路戦略を批判してきました。

日本のマスゴミはこの事をまず報じませんでしたが・・・。

世界銀行に対しての影響力は当然ながら米国がもっています。
その米国の次期世銀総裁と目されるマルパス米財務次官と
「対中融資縮小」で合意。

ここに
日米vs中共
という対立軸が誰の目にもはっきりしたと思います。

こんな状況で「うへへ、10億人の市場があるんじゃあああ」
とか狂ってるアホな経営者がいたらなにがなんでも解任させないと
会社が潰れることになるでしょうね。

日本では日本のマスゴミがろくに仕事をしていないので
こういう大切な事をほぼ取り上げませんけどね。

中国共産党は世界各国から外資による
多額の投資を受けて成長してきました。

それで集まったお金を世界中を金銭で侵略するために使っています。
独裁国家ですから民事不介入だのマナーだのルールだの関係ありません。

たとえばアルゼンチンの大統領マウリシオ・マクリは
2015年の当選前後は反中親米のスタンスがはっきりしていました。

これに対して中国共産党はアルゼンチンから輸入している穀物を
一度に30%輸入規制を行いました。

アルゼンチンは農業、鉱物資源いずれにも恵まれている国ですが、
経済基盤は不安定で定期的に通貨危機を起こしているような国です。

中国共産党のこの締め付けは効果覿面で、
事態を打開しようとマクリ大統領が北京へ行って
戻ってきたと思ったら
南米一の媚中派へと変貌していました。

そして資源パラノイアの中国共産党は
アルゼンチンの鉱山の権益まで手に入れている始末です。

これほど露骨なのです。

完全な独裁国家であり、報道等の監視もありません。
ですのでどのような手段であっても
指導部が思いつけば即実行できますし、
それを抑止する国内の力は存在しません。

また、国民をいくらでも使い捨てにできる。
このあたりも中国共産党の武器です。

日本は現在、兵力、経済、どちらの面でも中共に負けています。
まだ軍事力で米国が優位であり、日米同盟があり、
日米の関係が強くなっている安倍政権だから
直接侵略に出ないでいるだけだと考えた方がよいでしょう。

これが民主党政権が再びできれば
その時は日本は終わるでしょう。

中国共産党は党が決めたら
国の金でも制度でもいくらでも簡単にいじれるのです。

この点、対抗していかなければならない私達の
民主主義というのは実にひ弱です。

そして日本の情弱層は特にリアリズムが無い層だと言えます。
散々刷り込まれた妄想を理想と言い換える教育によって
妄想が現実を変えるかのごとき勘違いをしたままです。

私達が生きているのは現実の世界です。
誰しもきちんとリアリストたる部分を持つべきなのです。

いまだ世界支配を目指す
2000年前から変わらない膨張主義、
支那の大陸の伝統と言ってよい侵略志向をもつ中国共産党にとって
独裁という政治体制こそが正しい体制だと言えます。

そして彼の国は平気で悪と言われるような手段も
日常的に選択する連中である事を認識すべきです。

徹底的に彼の国に対しては性悪説で、
最悪の事態を想定して望まなければなりません。

そんな相手に日本が外交で事態を打開するためにも
日本が経済復興を果たして
経済成長を続けて再び立場を逆転させなければなりません。

ところが日本は財務官僚という国賊集団が
30年もの間、日本の経済を低迷させてきたのです。
「自分達の省益の為なら日本を潰そうともかまわない」
という理由で。

この30年の間、
日本はひたすら経済の発展が阻害され続け、
日本国内経済は諸外国に食い荒らされ、
とくに中韓にはひどく食い荒らされました。

日本が没落したことで日本を追い越した。
日本よりも強くなったと確信した中国共産党は
日本への侵略意思を隠さなくなりました。

連中は自分達が相手より強くなったと思った途端に豹変するのです。

たとえ命の恩人であろうと、親であろうと、
自己の利益のためであれば、
自分が相手を殺せるようになるまでおとなしくしていつつ、
状況が変わったと確信した途端に豹変して殺しに来るのです。

だからこそ、日本は経済的に強くあらねばなりません。
経済の足を引っ張る目的で財務省が実行させようとしている
消費税増税なんてもってのほかです。

お次は民主党やマスゴミが発狂しているニュースからいきます。

【安倍首相が党大会で「悪夢のような民主党政権」】
安倍晋三首相は10日、都内のホテルで開かれた自民党大会で演説し、春の統一地方選と夏の参院選が重なる「亥(い)年」選挙を前に、前回の亥年選挙で参院選に敗北した経緯に触れ、「(その後)あの悪夢のような民主党政権が誕生した。あの時代に戻すわけにはいかない」と、強い口調で呼びかけた。

首相は、第1次安倍政権の時に行われた12年前の亥年選挙を振り返り、「参院選の惨敗は当時総裁だった私の責任。片時たりとも忘れたことはない。わが党の敗北で政治は安定を失い、決められない政治となり、経済も失速した」と指摘した。「(今回も)厳しい戦いになるが、まなじりを決して戦い抜く。その先頭に立つ決意だ」と述べ、統一地方選についても「力を合わせて勝ち抜こう」と訴えた。

野党が「アベノミクス偽装」などと批判している毎月勤労統計の不正については「しっかり徹底的に検証し、再発防止に全力を尽くすことで責任を果たしていく」と短く触れただけ。児童虐待については「いまこの瞬間も、虐待が行われているかもしれないという危機感を持ち、根絶に政府を挙げて全力で取り組む」と述べた。

持論の憲法改正に関しては「いよいよ立党以来の悲願である憲法改正に取り組むときが来た」と声を張り上げ、「憲法にしっかりと自衛隊を明記して、違憲論争に終止符を打とうではないか」と、9条改正実現に意欲を示した。
(2019/2/10 ニッカンスポーツ)

あの悪夢のような民主党政権の時代に戻してはいけない。
そのとおりですよ。

自民党はいつまでも与党で在り続けられると思って
党内で権力闘争仕掛ける馬鹿どもが
2009年のあの状況にあっても
状況を全く考えずに自民党というコップの中で政争を仕掛け続け、
それをマスゴミが「自民党がいかに腐ってるか」
その宣伝材料にこれでもかと利用しました。

その原因を作った連中はいっぱいいますし、
つい先日も安倍を追い落とそうと
政策も無いのに総理になりたいだけの馬鹿と
それに乗っかって権力を取ろうと動いたのがいました。

日本のことをそっちのけで
自民党の党内で権力を争う30年前のような余裕は
もう日本にはありません。

ですので同じ過ちを繰り返させない。
あの悪夢のような民主党政権誕生と同じ失敗を繰り返してはならない。

特に安倍総理はマスゴミの武器であるメディアスクラムによって
一斉に袋叩きにされて、
その後の民主党への政権交代を確実にさせた
2007年参議院選挙の大敗の当事者です。

自民党の党大会だからこそ
安倍総理はこの事実を持ち出したのだろうと思います。

さて、一方でそうした言葉の後ろにある意味など
全く考えようとしないあんぽんたんがいるので採り上げておきます。

【【自民党大会】石破茂氏、首相の民主政権批判演説に不快感】
自民党の石破茂元幹事長は10日、都内で開かれた党大会で安倍晋三首相が「悪夢のような旧民主党政権に戻すわけにはいかない」と訴えたことについて「過去の政権を引き合いに自分たちが正しいと主張するやり方は危ない」と批判した。党大会後、記者団に語った。

 石破氏はまた、首相と石破派を除く6派閥の事務総長が6日に首相公邸で会食したことに対して「意図は分からないが堂々とやるべきだ。(公邸)裏口から(各派事務総長が)入る姿勢はいいとは思わない」と述べ、不快感をみせた。
(2019/2/10 産経新聞)

d0044584_03101625.jpg

民主党を引き合いに出したなんてマスゴミの切り取りの
しかも表面のホコリをなぞったくらいの理解しかないようです。

それでもマスゴミにウケるからと安倍批判に繋げる。

自分がテレビで採り上げてもらえて、
安倍を引き摺り下ろすための批判材料になれば
どんなものでも食いつくダボハゼとなっています。
本当に中身の無い男です。

中身の無い男(ただし脂身はたっぷり)と言えば、
枝野幸男を採り上げておきます。

【次期衆院選 政権構想準備に着手 立民 枝野代表】
立憲民主党の枝野代表は長崎県諫早市で記者団に対し、次の衆議院選挙で与党を過半数割れに追い込み野党で連立政権を組むことも念頭に、政権構想の準備に着手する考えを示しました。

この中で枝野代表は「野党第1党の党首として連立政権をつくる場合の責任があるので、衆議院が解散したら各党が政策の違いはあるけれど『当面、総選挙後の4年間ではこれをやる、これはやらない。例えば、憲法は変えない』というような旗を立てる」と述べました。

そのうえで枝野氏は「これに賛同していただける方はどなたでも一緒に連立を組もう。その方々が過半数を占めれば枝野政権ができる。十分、自民党と対抗できると思って、今から着々と準備を進めたい」と述べ、政権構想の準備に着手する考えを示しました。
(2019/2/10 産経新聞)

社民、共産、民主の反日野党連合は
2007年の参議院選挙の再現を狙っていますし、特に立件民主党は小沢の合流で一時野党第一党を奪い返した国民民主党を牽制し「あくまでも野党の主導権を握ってるのは俺達だぞ」という事を強調する意味もあるのでしょう。

立件民主党の政権構想「憲法は変えない」。

自分達がいわゆる旧社会党系を支持してきた
特に頭の悪いサヨク老人層を基盤としているので
その路線を強調したほうが票が稼げるという事なのでしょう。

別の記事では「参議院選挙の争点は【原発】」なんて発言もあります。

海江田万里が代表やってた時も反原発で選挙ボロ負けしたんですが、
このあたりリサーチがきちんとできていない証拠ですね。

是非とも脱原発で選挙をやってもらいたいものです。
あとついでに憲法改正阻止!9条守れ!
とか叫びまくってくれると尚更いいですね。

コメント


認証コード1938

コメントは管理者の承認後に表示されます。