「日韓は宣戦布告無き開戦」

画像の説明

日韓は宣戦布告無き開戦  

自民部会で岩屋毅防衛相は「日韓の防衛協力を未来志向で進めるよう真摯
に努力したい」と述べ、レーダー照射問題では「根底には信頼関係がある」と答えています。

この人は全く現状が見えていない。安倍首相殿、岩屋防衛相を解任してく
ださい。

日韓の未来志向の関係発展をうたった「日韓パートナーシップ宣言」を小渕恵三首相と韓国の金大中大統領が平成10年に発表してから20年となる。ただし、韓国は未だかって一度たりとも未来志向の行動を取った
ことがない。

竹島領有問題、慰安婦問題、徴用工、日本海呼称問題、自衛艦旗「旭日旗」

レーダー照射等、これら全ては韓国側による言いがかりである日本は100%間違ったことをしたことがない。日本に際限なく賠償や補償を要求し続けなおかつ国際的に日本を貶め、悪い国に見せるための手段です。

韓国が図に乗って次から次へと因縁をつけてくるのは岩屋防衛相のように、
「未来志向で進めるよう真摯に努力したい」とか、馬鹿にされているのに
「根底には信頼関係がある」などといえば韓国側はますます日本をなめて
きます。国益に反する防衛相の態度には迷惑千万です。岩屋防衛相は日韓の過去をもっと勉強してください。

ほかにも韓国側の「過去志向」の動きは多い。日韓両政府は平成27年慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」に合意し、国際社会で互いに非難しないこととしたが、文在寅大統領は9月の国連総会で「韓国は日本軍の
慰安婦被害を直接経験した」と言及するなど嘘つきの詐欺師そのものです。

その他、元徴用工による訴訟など解決済みの戦後補償問題を蒸し返すなど
もってのほかです。また自衛艦旗「旭日旗」の掲揚自粛を求められたが、
韓国の要求は国際常識に照らせば「著しく礼を欠く行為」です。

日本の国民は、韓国の呆れた言動につくづく愛想が尽きたというより、もっと激しい嫌韓や排韓の怒りが噴出しています。特に超党派の日韓議連
の売国連中が「もっと大人の対応」という発言には腸が煮えくりかえります。

最近米国では日本と同じく「韓国疲れ」「韓国にはうんざり」という声が広がっています。文在寅政権に対する不信が米韓同盟の将来を疑うところまで根深くなって来ています。(デイリー・ビースト新聞、カーク記者)

この記事でカーク記者は、文在寅大統領が金正恩政権への経済協力など融
和政策を進めており、その政策は北朝鮮の非核化を目指すトランプ政権の
政策を骨抜きにすることになると指摘しています。

このように文在寅は、非核化よりも北朝鮮との軍事緩和や経済交流を優先させています。文正仁教授(延世大学)は、ウオール・ストリート・ジャーナルの記者に「米韓同盟は長期的には解消すべきかもしれない」と発言しています。またニューヨーク・タイムズに、文政権に近い「韓国Expose」が「米韓同盟解消論」を論文として寄稿しています。

これではっきり韓国の本音が見えてきました。トランプも韓国が敵国であ
ることがはっきり分かったと思います。

韓国は、米国を離れて未来などありません。韓国民は馬鹿なリーダーを選
んだものです。文在寅大統領は本当に馬鹿です。

彼は、10日の記者会見で三権分立の原則を強調して「日本も同じでしょう」と言い放った。しかし国内の司法の判断があれば国家が対外的に負う義務が免除されると言うなら、国際法も国際秩序もあったものでない。こんなセリフを一国の大統領が言うとはあまりにもレベルが低すぎる。

しかも最高裁の長官は、文在寅が地方裁判所長から引っ張ってきた人物です。つまり長官は文在寅の言いなりになるように仕組まれています。どこが三権分立ですか!一国の大統領が三権分立の意味も知らないで偉そうに「日本も同じでしょう」とは、彼の頭は幼稚園児なみか!

70数年前のしかも、国際法的にも道徳的にも全て解決済みの問題をむし返
して日本に賠償を要求してくるとは、まったく日本をナメ切っています。
韓国に対しては「目には目を」です。今後一切の配慮を捨てて、攻撃に転
ずるべきです。

このようなレベルの低いリーダーを持った韓国人は本当に不幸の極みです。

コメント


認証コード3747

コメントは管理者の承認後に表示されます。