「四面楚歌に陥った文在寅」

画像の説明

日本と韓国は戦後最悪と言われるほどに対立関係が深まっています。
しかし 文在寅大統領は、むしろ両国関係を改善するどころか、大統領自身に問題を解決しようという意思が感じられません。日本をここまで怒らす目的を文在寅に聞いてみたい。何を意図しているのか?

文大統領は北朝鮮との連邦国家の実現に向けて韓国の社会主義化をより一層推し進めていく腹づもりのようです。そのためには国内人気を得るために反日政策に重点を置いて総選挙で再当選を果たす必要があります。

そして文在寅にとって目の上のタンコブは、在韓米軍の存在です。米軍が朝鮮半島に介入し、韓国と同盟を結んだのは、ソ連側陣営の共産主義の拡大を防ぐためです。朝鮮戦争では共産側(中国・ソ連)と戦って約4万人もの米国人の命を失ったのも、北朝鮮の背後にいるソ連の勢力圏の拡張を阻止するためです。

だが、今や世界は全く変わってしまった。米軍にとって朝鮮半島は東西冷戦中の地政学的な意味を失い、朝鮮半島での代理戦争はもはや過去の遺物となってしまった。トランプにとって韓国を防衛することも北朝鮮の核武装を阻止することも、米国の基本的な国益とは関わりがなくなった。

トランプ大統領にとって最大の敵は中国です。今までなら韓国が防波堤の役割を担ってきたが、その韓国は信用が置けない国に成ってしまった以上、米国が朝鮮半島の危険な情勢に関与する必要はもうない。トランプは韓国との同盟を解消して、在韓米軍を撤退するつもりです。

つまりトランプは、在韓米軍を撤退させる事によるリスクよりも、韓国に米軍を駐留させたままにしておくことのリスクのほうが大きいと判断したのです。

2019年の日中韓首脳会談で一層鮮明になったのが文在寅政権の中国に対する異様な屈辱の姿勢です。文在寅は、米国が最大の敵として警戒する中国に対して、融和の姿勢を示し続けている。今や文在寅は中国にひれ伏して頭を下げる叩頭の外交姿勢になってしまった。

従来の考え方なら在韓米軍の撤退は北朝鮮を利する事になる。この疑問については、たとえ朝鮮半島有事やその他の有事が勃発したとしても、日本の駐留軍で充分に勝てると判断したのです。

最近のトランプは韓国には厳しくしても、北朝鮮には甘くなっています。何故なら中国への防波堤は韓国よりも北朝鮮のほうだと考えているからです。北朝鮮のミサイルの数発は北京に照準を合わしています。だから習近平の恐れているのは、金正恩委員長の方です。

過去のパターンから考えれば「中国・北朝鮮」対「アメリカ・韓国」という構図ですが、いまやこの構図は変わってしまった。すなわち「中国・韓国」対「アメリカ・北朝鮮」という構図です。

だが韓国文在寅は一方的に北朝鮮にラブコールを送っていますが、金正恩は文在寅を二枚舌として嫌っています。文在寅は北朝鮮との連邦国家の実現に向けて韓国の社会主義化をより進め最後は中国に頼っていくつもりです。

しかし金正恩は父の代から中国を信用していませんし、文在寅のことは、嘘つきとして嫌っています。むしろ彼は将来アメリカと同盟を結ぶことが北朝鮮の生きる道だと考えています。

在韓米軍の撤退は、米国が韓国を敵国として認識し、韓国も米軍の攻撃対象となる。金正恩は北朝鮮主導の朝鮮統一を実現するために、韓国の国家を牛耳る各部署に北朝鮮の人材を配置しています。いざという時にこれらの工作員は一斉に蜂起するように用意されています。

という事は将来朝鮮半島で起きうる事態は、北朝鮮と韓国の戦争です。習近平は韓国が北朝鮮を破壊すれば、安心して枕を高くして眠ることが出来ます。
トランプはどちらが勝つにしても北も南もお互い傷つき弱体化される事を想定しています。南北の戦争には中国もアメリカも介入するつもりはありません。

アメリカの基本的な国益という観点からみれば、それほど重大な出来事ではない。結局アメリカも中国も介入しなければこの戦争は朝鮮半島だけに限定されるので、かえって国際的な被害は少なくてすみます。そのために早急に在韓米軍を撤退し、米韓同盟関係を解消する必要があります。

私の推測では安倍首相もトランプ大統領もこれらの事態は想定済みです。
そのためにも習近平を国賓として歓迎し、トランプの意向を伝えて
朝鮮半島有事には介入しないことを約束させるつもりです。トランプの仕掛けた貿易戦争で、中国の弱体ぶりは明らかです。トランプはドンパチやらなくても中国は弱体化されていくことに自信を持っています。安倍首相も了解済みです。

中国も文在寅が異様な屈辱の姿勢を示し、同盟国のアメリカから離反していくことが鮮明になった以上は朝鮮半島に介入する意味がなくなった。

トランプは、中国が朝鮮半島に進出して北朝鮮を自国の支配下に置くことはないと見ています。むしろ在韓米軍の存在は中国の膨張を防ぐためです。
という事は中国が勢力を広げようとしている、台湾や南シナ海、東シナ海などで中国の攻勢を抑えるための在韓米軍の効用は殆ど無い。だから米国の結論は国益とはあまり関係がなくなった朝鮮半島に関わるなということです。

米軍は現在、地球規模の米軍再編に着手しており、在韓米軍は既にないとも言われています。その場合、日本の防衛ラインは長崎県・対馬までさがります。朝鮮半島有事の軍事作戦も全面修正になります。追い詰められた韓国は日本に偶発的事故を装って攻めてくる可能性があります。だからこれらを読んだ安倍首相は、河野太郎防衛相・茂木敏充外相に変えています。

文在寅の一連の迷走で米国の信頼を失い、中国からも不信を買い、金正恩からは、とっくにバカにされています。結局日本に泣きつく以外になくなってしまった。だから日中韓サミットに合わせて、文在寅は安倍首相との会談を無理やりお願いをした。今までの日韓友好しか考えない日本のバカ議員なら文在寅の窮地を救ってやったかもしれないが、トランプと歩調を合わせている安倍首相は、冷たかった。

日本が徴用工問題を持ち出して「韓国政府の責任で解決策を示せ」「そちらが態度を変えなければ、こちらはなにもしない」と突き放した。この日本の安倍首相の態度に、以前のように勝手に会談の写真をばらまいて、「文政権の成果」だとは言いにくくなった。

いずれにしても文在寅は日本、アメリカ、中国、北朝鮮からも見捨てられまさに四面楚歌に陥っています。バカな大統領を選んだ韓国民はきのどくとしか言いようがありません。

コメント


認証コード9088

コメントは管理者の承認後に表示されます。