「東京やベネチアが進める世界屈指の「水没対策」はどこまで有効か」

画像の説明

東京やベネチアが進める世界屈指の「水没対策」はどこまで有効か

地球温暖化に伴う水害リスクが指摘される東京やベネチアでは、実は世界屈指ともいわれる対策が進められている

今年も水没したベネチアで
進む「モーゼ計画」の全貌

「水の都」ベネチアでは、今や冬の風物詩にもなってしまった「高潮による水没」が今年も起こり、サンマルコ広場が数十センチの高さまで浸水してしまいました。ベネチアでは冬に、シロッコと呼ばれる南からの風が吹きます。そのシロッコの影響で冬に高潮が発生しやすいのですが、そこに大雨が重なると水没が起きるのです。
 
地球温暖化が進行していることで、世界中の海沿いの都市はどこでも、いずれ水没する危機にあるといわれています。中でもベネチアは、中世にモンゴルから来た騎馬民族の襲撃を避けるため、馬が入ることができない湿地帯の先の海の上に杭を打ち込んで築かれた都市のため、温暖化が進んだ場合には真っ先に海に沈むといわれています。
 
それで、ベネチアの人々が諦めて、水没の運命を待っているばかりかというと、まったくそうではありません。「モーゼ計画」という壮大な名前の巨大プロジェクトが、ベネチアで進んでいます。モーゼとは、みなさんご存じの『旧約聖書』の登場人物で、アロンの杖を使って海を真っ二つに分けた人物として知られています。
 
このプロジェクトでは、モーゼのようにアドリア海の海水を巨大な可動壁でせき止め、高潮の際に海水がベネチア市内に流れ込まないようにする計画です。

「そんな馬鹿な!」と思うかもしれませんが、イタリア人は本気です。巨大な6階建てのビルと同じ大きさのコンクリートの防潮壁を、海中に78個も沈めます。総延長は1.6キロメートルほど。その防潮壁内部の空洞部に空気を注入して海水を押し出すと、防潮壁が浮力で浮いて、海上の巨大な壁として立ち上がるのです。

実際、モーゼ計画による防潮壁はほぼ完成していて、コントロールセンターが稼動を始めれば当面の間(この先60年くらいなど諸説あります)は、ベネチアを水害から守ることができるようになるようです。ただ残念なことに、工期が遅れているそうで、だから今年も水没が起きたのだと思われます。
 
さて、実はベネチアは構造上、アドリア海との入り口が狭い3箇所の水路に限られていることから、防潮堤を稼動させることで都市を水害から守りやすいという地理上の利点があります。ですからモーゼ稼動後は、温暖化で水害に遭いやすい世界の代表的な都市は、ベネチアではなく先進国の他の都市になるかもしれません。

東京の水害対策が意外にも
進んでいるといわれる理由
 
では、東京はどうでしょうか。
 
実は、意外に思われるかもしれませんが、海外の識者から見ると、東京はベネチアと並んで地球温暖化による水害対策が進んだ先進都市だと認識されているようです。その理由は通称「地下神殿」と呼ばれる首都圏外郭放水路があるからです。
 
台風19号が上陸した10月12日、秩父山系では降雨が集中し、気象レーダーによる観測地図ではその大量の雨量が、下流域に大きな水害をもたらす可能性を示唆していました。結果的に、大規模な浸水被害から下流域を守ったのが、この地下神殿がフル稼働したからだったといわれます。
 
地下神殿こと首都圏外郭放水路は地下50メートルにある巨大空間で、長さは6.3キロメートル。埼玉県春日部市を中心に、国道16号線直下にその貯水池が広がります。集中豪雨などによる増水時には、5ヵ所ある巨大な立抗から地底に大量の水が流し込まれます。
 
そして集められた水は、様子を見ながら強力なポンプで江戸川に放流されます。このポンプは1秒間で25メートルプールを空にするほどの性能だといいますから、その規模と性能の凄さがわかります。

コメント


認証コード6906

コメントは管理者の承認後に表示されます。