「いまだにウソを書く教科書がある。」

画像の説明

いまだにウソを書く教科書がある。論争はええけど、まずは日本を貶める奴らと戦わなあかん。

八幡和郎さんの、『「日本国紀」は世紀の名著かトンデモ本か』を読みました。先日、関西方面で講演会があって、その時にテキストとして付いて来たものです。時間がある人は、八幡さんのサインももらえました。この本は失礼ながら、百田尚樹さんの『日本国紀』のあやかり本、コバンザメ本、便乗商法本、、、と言うてもええかも知れませんね。

私は今年の元旦に「百田尚樹『日本国紀』。ウソを書いてるインチキ教科書をこれで撃退したろか。」を書きました。百田さんの執筆動機は、ウソが書いてある教科書がいまだになくならへんこと、これではあかん、ということのようでしたね。せやから教科書やなくてこれを読んで、日本というのは素晴らしい国なんやなあ、と誇りを持ってもらえるようになってほしい、という思いを込めて書きはったということなんですね。

そしてそれはかなり達成されているように私は思います。100万部は行かへんかったけど、たしか60万部ぐらいは売れたようです。大したもんですね。これを読んだ中学・高校生が、学校で歴史の授業を受けて、「あれ?それ、百田さんの本と違うで」という現象が起きれば痛快です。まあそんなに一気にはいかへんでしょうが。

ところでそうは言うても私は、百田さんの『日本国紀』では、疑問に思う部分もいくつかありました。一番気になったのは、皇室への尊崇の念というのがやや乏しい、軽い感じがしたことです。「○○天皇は、実は△△の子と言われている」みたいな話を、わざわざ入れることで、かえってこの本の重みを減じるようにも思いました。

そういうこともあったので、この八幡さんの本はぜひ読みたかったんです。そしたらまあ、期待以上にいろんなことがわかりました。さすが、歴史に関しては八幡さんの方がはるかに詳しく知ってはります。また、百田さんの記述がかなりの部分、井沢元彦さんの著作の影響を受けていることも、なるほどようわかります。また幕末~明治に関しては、どうも長州が嫌いなようで、明治維新前後の話は物足りなく感じます。

それでも百田さんの本は、全体を通して、日本は素晴らしい、と言いたい意思がしっかり伝わってきます。せやから私はこれは、歴史書ではなくて、「読み物」という位置付けでええんやと思います。「国紀」などと付けたのは、さすが元テレビ業界、カッコをつけて「ツカミ」を取りに行くやり方もうまいと思います。

なので私は読んだ後、この八幡さんの本のタイトルは、『「日本国紀」では物足りなかった人への補遺、修正、異見』ぐらいにしとけばよかったのに、と思いました。百田さんはこの本が出た瞬間に八幡さんのことを罵倒してましたからね。私もタイトルの「名著かトンデモ本か」の部分は、「おちょくっとんのか?」と思いましたからね。かなり失礼やと思いました。

とは言え読者は、基本的には「面白い」ことを求めてるわけですから、八幡さんが微に入り細に入り解説してくれはっても、それ、本に全部入れるわけにもいかんしな、と思いました。まあそれもこれも炎上商法なんかもしれませんけどね(笑)。私としてはどちらもしっかり売れて、教科書はウソばっかりやとみんなが知り、南京虐殺や慰安婦のウソも、戦後の朝鮮人の悪辣さも、どんどん知られてくれたらええと思います。

あと、この本でようわかったのは、八幡さんは通産省にもいてはったので、官僚が文書を書くときの基本姿勢みたいなものを指摘してくれてはったことです。「古事記」、「日本書紀」、そして「魏志倭人伝」にしたって、書いたのは当時の日本なり「中国」の官僚なわけですね。文書は必ず残る、というのは官僚は必ず意識してるわけですから、その中に、現政権の不都合な部分は省くにしても、当時において荒唐無稽なことを書くわけがない、というのも、ものごっつい納得できました。

せやから、辻褄が合わへんような部分でも、まずはそのまま素直に読む、というのが大事やと。そして同時代の文書をしっかり突き合わせると、どこかで符合する部分が見えて来る、ということでした。そのことは前に、「神武天皇は実在したし、卑弥呼もおったで。事実に即して建国の歴史を取り戻さなあかん。」で書きました。長浜浩明さんの、『日本の誕生 皇室と日本人のルーツ』のことですね。

話は飛びますが、百田さんがツイッターで、たまたま杉田水脈議員がこの本の画像をツイッターに上げてたのを知って、沸騰してしまいはったことが話題になってました(「百田尚樹が杉田水脈議員に激怒しまさかの暴露ラッシュ、有本香さんが加勢も見事LGBT問題に飛び火」)。百田さんがついカッとするのはそれはそれで「らしい」のでええんですけど、維新つながりの部分については私はかなり懐疑的です。それはまた別に書くことにします。

コメント


認証コード8110

コメントは管理者の承認後に表示されます。