「誰も言わへん、先に倒さなあかん敵。」

画像の説明

安倍ちゃんを批判するならその前に麻生さんとちゃうんか?誰も言わへん、先に倒さなあかん敵。
 
私が「何かおかしい」と思い始めた数年前、本屋で目に付いた本を片っ端から読んだ中で、今から思うと「ええーっ」と思うような本もありました。例えば孫崎享さんとかですね。

まあでも政府の言う事を何でも信用したらあかん、と言う部分だけは正しいですね(笑)。そしてもっと目についていたのが、三橋貴明さんでした。「国の借金○○兆円はウソ!」と言うのはその通りで、ようやく最近は広まってきましたし、このことを10年以上?大きな声で言い続けてきた三橋さんは、大いに貢献してはると思います。

もともと三橋さんは、韓国の経済に関する本で出て来はったというのは、後から知りました。それにしても、書いてきた本の量はものごっついし、講演も聞きましたけど、話し方も上手いし、テレビにも出はるし、自分でも発信してはりますので、影響力は大きいですね。

せやけど、それでもなんで山本太郎氏と共演するんや?と不思議に思います。それについてはちゃんと説明してはりますが、それは措いときます。

三橋さんのブログから知った中野剛志さんは、もう天才やと思いましたね。

TPP反対論は、当時は私もすごい納得したんですけど、今はようわかりません。あ、この人は、替え歌も天才的に上手いんです(笑)。そして、お仲間として、また関西ではすでに関西テレビにもレギュラーで出てはった藤井聡さんも読み始めました。

私が知って間もない頃に安倍内閣の内閣官房参与になりはって、持論の「国土強靭化」の言葉がどんどん取り入れられていくのには、すごい期待したんですけどね。

そして私が藤井さんに一番感謝したいのは、「大阪都構想」への反対論陣です。住民投票で、すんでのところで大阪市の解体は防がれましたが、これは藤井さんの貢献度マックスやったと思いますね。ちょび髭の独特の風貌で、けっこう苦手な人もいてるようですが(笑)別に普通の元気なおっちゃんやと思いますね。

もともと理系で土木が専門やけど、なんでこんな変なことがまかり通るんや?という疑問から発して、ついに雑誌まで創刊しはった行動力はスゴいですね。

えらい前置きが長くなりました。そんな藤井聡さんが、昨日の「新」経世済民新聞で、「保守の、保守による、保守のための『安倍晋三総理大臣』批評」を書いてはりました。上に書いた雑誌『表現者クライテリオン』で、「安倍晋三 この空虚な器」という名の特集を組みはったそうで、それの紹介です。

私がここで説明なんかするより読んでもろたらええんでしょうけど、りポートは押さえておきたいと思います。提示されているのが「安倍晋三・器論」です。

<この仮説は、「安倍晋三」という存在は、世間で言われている事柄や回りの人たちが口にする様々なものが、その整合性や関連を度外視して、何でもかんでも入れ込まれる、一つの「空疎な器」なのではないか、というもの。>

<典型的なのが、アベノミクスです。第一の矢(金融政策)はいわゆるリフレ派、あるいは、マネタリズムの主張。第二の矢(財政政策)は主としてケインズ派の主張。そして、第三の矢(構造政策)は、竹中平蔵らに象徴される新自由主義路線です。本来この三つの学派は、相容れないものなのですが、これらの整合性を度外視して、アベノミクスとして一体的に推進されようとしている。>

これはまったくその通りやと思いますね。早い話が、アクセルを踏みながらブレーキを踏んでるということですね。何やってるこっちゃわからんがな、と。何でもみんなの言うとおりに受け入れていったら、チャンポンになってしもてどうにもならへん、ということなんかな、と。

私は、藤井さんたちは間違うてへんと思いますが、批判を安倍ちゃんに向けるんやったら、その前に、首相経験者の麻生さんにも向けるべきとちゃうか、と思います。安倍ちゃんなんか、権力基盤はめっちゃ弱いんやから、権力を維持するために色んなものがまぜこぜになるのは、しゃーないんとちゃうか、ということですね。

せやけど実は、藤井さんたちは決して言わへんでしょうが、いや、誰もよう言わへんでしょうけど、もっと大事な、先に倒さなあかん相手のことがすっぽり抜け落ちてるように思います。それは、在日を中心とする反日組織との戦い、ということでしょうか。

あいちトリエンナーレでの大村知事の不可解な行動。関電の金品授受事件。関西生コン。北朝鮮のミサイルと拉致問題。弁護士懲戒請求事件での余命さんの裁判戦。文在寅大統領の過激化。

いやあ、思いつくまま並べましたけど、そして、え?余命さん?という人もおるでしょうが、みんなつながってるんとちゃいますか?もっと言えば、トランプさんの、いわゆる「ウクライナ疑惑」かてつながってくると思いますね。

何事も、一気にうまいこと行くわけがないんやから順番に、ということですね。日本はもう二度と、戦う順番を間違えたらあかんと思います。

コメント


認証コード3402

コメントは管理者の承認後に表示されます。