「世界は変わる。 」

画像の説明

韓国消滅、金正恩が大統領の連邦国家やて。なんで憲法改正を急ぐんかわかったな。世界は変わる。

G20も終わりました。いよいよ参議院選挙ですね。自民党が出している争点は憲法改正やそうです。そりゃー大事でしょう。自衛隊が憲法に書き込まれるだけでも、いろんな制約が解けて、だんだんと普通の軍隊に近くなって、格段に安全保障の度合いは高まっていくことでしょう。そういえば3年前、安全保障法制が可決され、集団的自衛権が認められました。そのことによってここ数年、実際に米軍との連携もずっと進んできてるようです。

それでもまだまだ足らん!というのが現状なんですね。スパイ防止法がない、そもそも軍には必ず軍法会議が必要やのに、それがない、国内でも自衛隊は交通信号に従わなあかん、とか。もうそんな矛盾ばっかりの軍隊を、何とかごまかしごまかし、この数十年、動かしてきたわけですね。

せやけどいきなりトランプさんが、「こっちが命をかけて日本のために戦うてるときに、日本人はそれをソニーのテレビで観てるんか?」と言わはったわけですね。もうあまりにも一言で本質を言い当ててはるから、スゴいですね。いや、私もそう思いますわ。「今はそういうことですね」と。もう周りじゅうが敵意満々の中で、もう間に合わへんのとちゃうか、と悲しい気分になってきます。

そして今、ほとんどの日本人が、まさかすぐに「中国」やロシアや北朝鮮は攻めてくることはないやろう、韓国はアホやからいきなりワケわからんことをする可能性はあるけど、兵器や戦車が暴発、暴走する国やから、とりあえず大丈夫なんとちゃうか?ぐらいにしか思うてへんように思います。そして相変わらず何が何でも絶対に、日本が軍事的に強くなることを阻止しようとする、反日野党の面々。

もうそろそろ日本人、わからんかい、と言うのがトランプさんの隠されたメッセージでしょうか。そして電撃的な板門店訪問、金正恩会談。猛烈な勢いで世界が音を立てて崩れ、新しい形ができているんやないかと思います。そしてそのど真ん中に今、安倍ちゃんがおるんやと確信します。マスゴミはまったくわかってない人がほとんどで、わかってる人は逆によう言わん、というだけの話でしょう。

昨日、ある有料情報で仕入れた話です。
 
トランプさんはアメリカを昔のように、技術も生産力もある国にしたい、金融だけで成り立つようなインチキな国にはしたくない、と。これはようわかりますね。というより、ずっとウォール街を批判してはりますからね。

そして国連の枠組みを変えたいと考えていて、それを阻みたい勢力がトランプさんの暗殺を企んでる、とか。まあアメリカは昔からいつでも暗殺があり得ますからね。そして「中国」は韓国を潰して北に南を吸収させ、連邦となって、大統領は金正恩やそうです(笑)。これも大いにあり得るな。でもちゃんと「中国」のコントロール下に置くみたいですね。

一方、アメリカは在韓米軍を撤退させますが、「中国」は日本とは安全保障協定の締結を希望するんやそうです。いやあ、ホンマかいな。そうか、それまでに日本は自衛隊を軍にしてしまうということかな。もっと言えば核武装、もしくは核レンタル、と。これは宮崎正弘さんがもうずいぶん前から言うてはりましたからね。

そこまでして日米中で仲良く朝鮮半島を捌くのは何と、北朝鮮の地下資源なんやとか。そういえば戦前、めっちゃ優秀やった日本の満鉄調査部が、半島にどんな資源があるのか、ちゃんと調べはついていたという話は、聞いたことがあります。もう今回の板門店の米朝会談は、一か月前から決まってたんやそうです。

もう10年も20年も先のシナリオがちゃんと書かれてるのかも知れませんね。うーん、消費増税反対!て叫びたいけど、「まあ待っとけや」みたいな話なんでしょうか。とりあえずアホな反日野党やら、日本人やないのに日本人以上に税金を食い散らかしてる輩がせめてその頃にはおらんようになってることだけは、祈りたいですね。

コメント


認証コード4536

コメントは管理者の承認後に表示されます。