「中国に激怒。」

画像の説明

中国に激怒。香港103万人デモに吊し上げられた習近平の崖っぷち

9日に香港で行われた、刑事事件容疑者の中国への移送が可能となる「逃亡犯条例」の改正に反対する市民らによる、大規模なデモ。主催者発表では100万人を超える人々が参加したというこのデモに、中国当局はどのような対応を取るのでしょうか。

香港で100万人デモ!
香港で100万人規模のデモが起きました(主催者側発表ですが)。
香港で「103万人」デモ 容疑者移送条例に反対

香港の民主派団体は9日、中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案に反対する大規模デモを行った。主催者発表で103万人が参加。香港に高度の自治を約束した「一国二制度」崩壊への懸念から、1997年の中国への返還以降、最大規模のデモとなった。警察はピーク時に24万人が参加したと発表した。

主催者発表で103万人。警察発表で24万人。実数は誰にもわからないでしょうが、「メチャ多い」とはいえますね。

デモの理由は?

香港で9日、刑事事件の容疑者を中国本土に引き渡せるようにする「逃亡犯条例」改正に反対する大規模なデモがあった。

逃亡犯条例改正案について、香港市民の間には「冤罪(えんざい)で拘束され、中国本土で公平ではない裁判にかけられる」との懸念が強まっている。

「冤罪で拘束され、中国本土で公平でない裁判にかけられる」

それは、そうでしょう。「反習近平発言をした」というだけで、捕まる可能性がありますね。

中国当局はどう対応するのか

対応に困るであろう中国政府

中国政府は、このデモへの対応に困ることでしょう。皆さんご存知のように、6月4日は「天安門事件30周年」でした。それで、中国の人権状況に関心が集まっている。ここでデモを弾圧すれば、「中国は今も昔も変わっていない!!!」ということで、国際社会で孤立します。

米中覇権戦争が2018年にはじまった。ロシアは、はっきりと中国側につく意志を示しています。問題は欧州の動向ですね。

現状アメリカと欧州は、「NATO問題」「イラン核問題」「エルサレム地位問題」「ロシアードイツガスパイプライン問題」などで、ことごとく対立しています。それで、欧州は、アメリカと中国の間で揺れている。しかし、もし中国政府が香港デモを弾圧すれば、欧州はアメリカ側につかざるを得なくなるでしょう。

では、中国政府が譲歩して、「逃亡犯条例改正案」をひっこめさせたらどうでしょうか?そうすると、デモをしている人は、今後ますます要求を拡大していくことでしょう。「中国政府が譲歩した」となれば、中国本土でもデモが活発になっていくかもしれません。

というわけで、中国政府は、デモ弾圧も譲歩もしがたい状況。これからの動きを注目していきましょう。

コメント


認証コード0719

コメントは管理者の承認後に表示されます。