「加害者になった自分に戸惑う韓国と日本の無韓 」

画像の説明

加害者になった自分に戸惑う韓国と日本の無韓

5月29日、中国・成都で行われたサッカー男子U-18「パンダカップ2019」で、韓国代表が優勝トロフィーを踏みつける事件が発生しました。

新華社通信によると、決勝で中国を破って優勝した韓国代表選手がトロフィーを踏みつけて笑っている写真を掲載。これがソーシャルメディアで拡散しました。パンダカップの主催者は極めて敬意を欠いた行為として強く抗議。優勝トロフィーを剥奪しました。

韓国サッカー協会は30日、大会組織委員会に謝罪文を送付。同じく30日、韓国代表のキム・ジョンス監督は緊急記者会見を開き、「私たちはすべてのファン、すべての選手、そして全中国人民におわびする」と述べ、サッカーファンや選手のみならず、大会とは直接関係のない全中国国民にまで謝罪しました。

翌31日も、韓国サッカー協会は自国選手らの「失望を招く行為」を改めて謝罪しています。

けれども、そんなことで中国の怒りは収まりませんでした。

中国メディアは「中国サッカーにとって彼らは依然として軽蔑に値する存在」、「成都サッカー協会は韓国を二度と招待しないと予想される」、「中国のサッカーファンは、韓国に復讐することを待っている」などと、批判を繰り返し、中国サッカー協会はAFC(アジアサッカー連盟)に上訴することを決定したそうです。

イギリスのBBCは「実に不適切なパフォーマンスで、韓国チームが優勝を剥奪された」と銘打ち、「あろうことかある選手が、トロフィーを踏みつけながら優勝の喜びを表現した。中国国内で怒りの声が沸き上がり、彼らは謝罪に追い込まれた」 と報じるなど、世界中に拡散しているようです。

まぁ、韓国チームは批判されて当然の行為を行い、その通りに批判されたのですけれども、韓国は批判に逆切れしています・

韓国のテレビ局MBNは、連日中国メディアが批判を繰り返しているが、いささかやりすぎな感が否めない。中国サッカーが韓国に対して抱いている劣等感が爆発したとさえ感じさせるほどだとし、「U-18の監督や選手たちはすでに現地で記者会見まで開いて謝罪した。

当事者の選手が所属する蔚山現代も謝罪声明を出している。それなのに、中国側は優勝カップを剥奪した。誠意ある謝罪を受け入れない中国の態度は、大国としてしかるべきものではない」と論じています。

日本からみれば見事な「おまゆう」なのですけれども、批判されると何かにつけ「劣等感だの」、「誠意ある謝罪を受け入れない」だの口を尖らす傾向があるように見えますね。

それでも、まだ謝罪するだけ良い方で、相手が中国ではなく日本だったとしたら「謝ることではない」とか「日本の言いがかり」だとかもっと逆ギレしていただろうという指摘もあります。

確かに、そうかもしれません。

ただ、もう日本人の韓国を見る目は、嫌韓を通り越して、醒めているようにも思うのですね。

ちょうどポーランドで行われているU-20サッカーワールドカップでは、6月5日に決勝ラウンドで日本は韓国と対戦しています。

対戦が決まったとき、海外ネットユーザーの翻訳サイト「ガセンイドットコム」では、日本のネットユーザーから「対戦が決まっただけで不快」、「また後味の悪い試合を見ることになるのか」、「不快な相手に決まった。難敵という意味のやりたくない相手ではなく、単なる不快な相手だ」などの書き込みがあったそうです。ウンザリ感が漂ってます。

政治面でもそうです。日韓関係改善だと口だけで手ぶらでやってくる、韓国議員団に日本側は「塩対応」で追い払っています。

4年前のエントリー「告げ口に頼る韓国と無韓へ向かう日本」で、日本人の頭の中から韓国を意識しない"無韓"に向かうだろうと述べたことがありますけれども、とうとう、そこに到達した感があります。

逆に韓国はこの事態に戸惑いを覚えているようです。

6月3日、韓国中央日報は「なぜ日本は『いっそ韓国はいないことにしよう』というのか」というコラム記事を挙げています。

それによると、中央日報の記者は日本で知韓派元老から、日本の韓国に対する冷たい見方を知らされたとこぼしています。

なんでも、菅義偉官房長官と財界重鎮10人の夕食会に同席した際、「韓国の話を取り出そうものなら『あなたバカではないか』という雰囲気」だったそうで、「韓国が重要だという人が多かったが、今はそういう人はいなくなった。中国に傾いているが、数百年間そうしてきたから再び中国の一部になっても仕方ないというふうだった。韓国はいないことにしてやっていこうという雰囲気だ」ということだったそうです。

もう上から下まで、"無韓"になっているような感じですね。

この記者は、日本で会う人会う人から「なぜ韓国は国同士の約束を守らないのか」と聞かれ、「明らかに私たちのほうが慰安婦・強制徴用の被害者なのに、ある瞬間加害者に転落した。澄んだ精神では受け入れ難い反転だ」と戸惑いの気持を述べていますけれども、日本に対して、自分達が「加害者」の立場になることが受け入れられないのでしょう。

まぁ、サッカーU-18の優勝カップ踏みつけ事件で、当たり前の批判に逆切れするくらいです。日本から加害者としての韓国を咎められるのは夢想だにしなかったのかもしれません。

「コリア・レポート」編集長の辺真一氏はテレビ番組で「今回、韓国は初めて分かったと思いますよ。何が分かったというと、肌で感じたと思う……日韓国交正常化して54年目になるんですけど、日韓の立場が、攻守ところ変わったのは初めてなんです。

すなわち、日本が攻勢で韓国が守勢に立たされるのは、かつて1回もなかった。初めて経験することなんですね……韓国が何らかの対応しないといけないことが分かったと思いますね」 と述べています。

韓国にとって、日本に責められるのが今回初めての経験なのだとするならば、その事実を受け入れられるようになるまで相当時間が必要になるかもしれませんし、もしかしたら文在寅政権後も大きく後を引き摺ることになるかもしれません。

いずれにしても、身から出た錆、自業自得。韓国が自ら変わるまで、日本の視界から韓国という国は益々意識から薄れていく他ないように思いますね。
 

コメント


認証コード4871

コメントは管理者の承認後に表示されます。