「元患者が2億円の「恩返し」

画像の説明

笹子トンネル慰霊碑で再発防止誓う
 
福岡市中央区の国立病院機構九州医療センターの救命救急センターに、元患者が寄付した2億円などで新しい設備が導入された。
 
同院の救命救急センターは、福岡市西部を中心に九州一円から患者を受け入れている。開院から25年経つが、救急車の受け入れ台数は年々増えており、昨夏から再整備を始めた。センター内にマルチスライスCT装置を新設したほか、感染症患者用の治療室を2床、個室を4床増やした。

© 朝日新聞 寄付金で新設したCT装置を視察する(右から)中本博雄さん、妻の稔恵さん、森田茂樹院長=福岡市中央区
 
整備費約4億円の半分は福岡市城南区の中本博雄さん(81)が昨年寄付した。会社を経営していた1996年、脳梗塞(こうそく)で右半身不随になりかけたが、同院で治療を受けて回復した。「救急車のサイレンを聞くたびに、恩返しがしたいと思っていた」という。森田茂樹院長は「寄付のおかげで、ずっと欲しくて買えなかったCTを設置できた。さらに地域に貢献したい」と話した。
 
中本さんは昨年、九州大に対しても、「若い方に渡した方がお金が生きる」と、奨学金として5億円を寄付している。(渡辺純子)
もっと記事を見る

コメント


認証コード2059

コメントは管理者の承認後に表示されます。