「ソーラーシェアリング]

画像の説明 全体の投資額は約1500億円。

京セラや九電工、みずほ銀行など5社は12日、長崎県・五島列島の宇久島(うくじま)で国内最大の発電能力(43万キロワット)を持つ太陽光発電所を造ると発表した。島の4分の1が太陽光パネルで覆われるが、その下を農地としても使う「ソーラーシェアリング」という手法をとる。2015年度に着工し、17年中の発電をめざす。

太陽光発電所の開発を手がける独フォトボルト・デベロップメント・パートナーズの計画に京セラなどがお金を出す。全体の投資額は約1500億円。

東京ドーム約134個分にあたる約6・3平方キロメートルの農地や使っていない農地を借りる。そこに高さ2~4メートルの柱をたて、京セラの太陽光パネルを約172万枚取りつける。農地にも日が当たるようにし牧草などを育てる。農地は農業にしか使えなかったが、国は昨年から農業を続ければ、ほかの事業に使うことを認めソーラーシェアリングが可能になった。

コメント


認証コード9077

コメントは管理者の承認後に表示されます。