a:4624 t:2 y:2

JAFT GROUPとは

JAFTとは

JAFT(ジャフタ) の意味

JApan Future Technology日本の未来技術

JAFT(ジャフタ)GROUPの設立 2006年 9月

日本の中小企業の現状

日本の経済の発展において、企業の大多数を占める中小企業は重要な役割を果たしてきました。

しかし、現在の厳しい経営環境下において中小企業は、自らその創造性を発揮し、急激な構造変化への積極的な対応の必要性があります。

中小企業の弱点でもある金融の問題、大手企業にも勝つべく優秀な技術力及び人材、「経営資源」としての人材育成、中小企業の事業承継問題など様々な問題を抱えています。

JAFT(ジャフタ)GROUPの役割

「中小企業物づくりに関する専門的な頭脳集団」と「中小企業のトータル支援」という2つの理念の下に、日本経済に大きな役割を果たす中小企業の発展に寄与して参りたいと考えております。
本会は、中小企業経営者の憩いの場になるべく日々の運営に努力しています。どなたでも、どのような相談でも気軽にお問い合わせや投稿をお待ち致しております。
尚、本会は法人代表者が個人の資格で参加するものであり、無差別に会員募集する組織ではありません。


JAFT(ジャフタ)GROUP主な業務

1.技術会員による支援 20名(総ての業種の技術士を準備)
2.海外ファンドとの仲介業務
3.ファクタリング業務
4.アジア地域の取引協力
5.アジア地域との文化交流

2016年度JAFT GROUP役員一2016年覧3月1日より変更

理事会長中新 昌佐久
代表理事阪田 圭彰
専務理事熱田 正直
専務理事水町 嘉宏
常務理事松井 偉祐
常務理事東野 高士

2016年3月改訂

JAFT GROUP参加資格は

  • 本会は中小企業や零細企業と表現され、大企業並のスケールメリットを受けれずに企業活動を推進されております経営者のグループです。
    • 会員資格は個人での登録といたします。個人登録後は当然に企業を代表して本会のシステムに参加して頂きます。
    • 期間は毎年4月1日〜翌年3月31日となります。

  • 会員資格には次の二種類があります。
  • 正会員とは・・理事会にて会員としてふさわしいと認定され所定の手続きを完了された方。
    準会員とは・・正会員の推薦にて理事会が認定し、所定の手続きを完了された方。


  • 正会員及び準会員の義務と権利
    • 会員は本会の目的と趣旨を理解し賛同したものであり、「食育と地球環境を考える」テーマで各自の事業を推進するものである
    • 義務とは会則に違反しなく日々の業務に精励すること。
    • 権利は本会に入会することで得る様々な特典があります。

JAFT(ジャフタ)GROUPの事務局本部&支部

支部名連絡先
本 部head@jaft.asia
東京支部kanzai@jaft.asia
東日本支部fpr@jaft.asia
大阪支部planning@jaft.asia
西日本支部swing@jaft.asia
関西支部santos@jaft.asia

直前のページへ戻る
A|4624|T|2|Y|2|