5月表紙 公園
ゆるゆると吹く春風に、藤の花房が趣深く揺れます。

春のゴールデンウイークから始まる皐月はなんとなく楽しい気持ちになる月です。
今年に入ってからの世界情勢は、今まで想像しないくらいに激変始めていると感じている毎日です。
政治と経済は表裏一体で見えたり隠れたりしながら、また各々の目的に向かって攻めたり攻められたりしながら回っているのかと考えるこの頃です。

にわかにきな臭くなり始めた朝鮮半島を中心とした動きはどういうことなのでしょうか?北朝鮮の金王朝を維持するだけのために国民がどれほど多くの犠牲を強いられていることか、日本にいてもわかります。

政治に関しては日本で安心した生活を送るために他人事ではないのです。
日本国憲法も70年を迎え、世界中で改憲せずに来た国として最長記録という名誉か不名誉か分かりませんが、報道されています。

現在も野党はほとんどの審議拒否を続けていますが、国民の血税を使いながら何たる輩かと憤りを感じております。
帰化人が悪いという事ではありませんが、世界中で帰化してすぐに被選挙権を得る国はほとんどありません。
選挙時には候補者のチェックは必ず行わなければなりません。
例えば、帰化して2代目から立候補できるようにするとか、公開情報で素性の来歴は必ず公表するように法律にて決めることが肝要です。

このままでは「トロイの木馬」が日本国内で蠢き始め国会という場で増殖始めます。
今後はどの選挙でも国に忠誠を誓い、国民の下僕として働く人を選ぶことです。

21世紀はどのような世界地図になるのか興味と不安が交錯する毎日です。

平成29年5月吉日

会 長 中新昌佐久

代表理事 阪田 圭彰

HProgo 1
                
             

A|44277|T|10|Y|35|