画像の説明
a:65135 t:12 y:17
新年度に入りました。
そして、新しい元号が「令和」と命名されあと少しで今上天皇から皇太子に新しい時代が引き継がれるときがやってまいります。

日本国誕生から今年(2019年)は皇紀2679年という世界でも珍しい歴史を有していることは尊敬に値することです。

皇紀とは、明治5年に制定された日本国独自の日本紀元です。
神武天皇即位の年を元年とし、毎年2月11日が紀元節となっています。
ちなみに、現在、世界的に使われている西暦はキリストの生誕年が元年です。

タイでは仏歴が採用され、西暦に543年足したものになっています。
イスラム世界では、開祖ムハンマドが迫害により、故郷のメディナに脱出した西暦622年
7月16日をもってイスラム暦元年とするヘディラ期限があります。

日本では、明治維新時に、西洋との外交交渉などにおいての混乱を避けるため西暦に移行した経緯がありますが、万世一系の皇統を頂く日本人として自覚と誇りを持つためにも、好機と西暦の併用も素晴らしいと思います。

このように歴史ある日本を乱す目的で政治や経済に限らず、学校教育やはたまた裁判などの司法にまで入り込んでいる帰化人を中心とする似非日本人をこのまま放置しても良いものだろうかと考える現在です。
帰化人の方の中にも尊敬できる人格者も多くおられますが、犯罪者の統計を精査しても著しく多いのが在日を含む方たちです。

今月から外国人の国内労働に関して大きく門戸を開放した政策がとられますが、この美しい日本を守り続けるために選挙に行き棄権しないようにしましょう。

見せかけの好景気に惑わされず、地に足をつけて前進しようではありませんか!

2019.4月吉日
                      

会 長 中新昌佐久

代表理事 阪田 圭彰

HProgo 1